【社内研修】決算書に関する研修会を実施しました

お世話になっております、藤宮工務店の藤宮達朗です。
本日は2019年12月17日に実施した社内研修会の様子をご紹介させていただきます。

藤宮工務店では従業員のスキルアップのために定期的に研修会を実施しています。
社外で行う場合もあれば今回のように社内で研修を実施する場合もあり、内容も多岐に渡ります。

今回は会社のお金の当事者になってもらうため決算書に関しての研修会を実施しました。
簡単にですが写真を交えながら当日の様子をご紹介させていただきます。

決算書に関する研修会を実施しました

研修会の様子

今回の研修会は普段よりお世話になっている古田土会計様に実施していだきました。内容は会社の決算書を読み解くというもので会社のお金の流れを知ってもらうという内容になります。

元々は新入社員研修時に実施していたもので、新卒採用の一期生、二期生にとっては復習というかたちとなります。今回はベテランの従業員の方々にも改めて知っていただきたいということで研修となりました。

お金がすべてではありませんが、お金の流れを知ることは会社を考える上で非常に大切なことです。経営計画発表時に出している売上目標もただの数字ではなく、決算書をもとに算出しているからです。

私も例外ではありませんが、目の前の売上、自分の給与などお金についてどうしても視野が狭くなりがちです。俯瞰的な視点をもってお金を知り、会社のお金の当事者になってもらうために実施をしました。

今後も会社のお金の当事者になるための研修を定期的に実施していきたいと思います。

おわりに

本日は2019年12月17日に実施をした決算書に関する研修会の様子を書かせていただきました。
今後も定期的に実施している研修の様子をサイトにて紹介していきたいと思います。

過去の研修の様子はこちらにてサイト上で紹介を実施ております。
藤宮工務店の研修に関しての取り組みを知りたい方はぜひご確認いただければと思います。

また、当日に講師を実施していただいた古田土会計様には改めてお礼申し上げます。
今後も研修等でお世話になりますのでどうかよろしくお願いいたします。

それでは、本日はこれで失礼します。

関連記事


お問い合わせフォーム
Facebook-banner
求人情報
マイナビ2021
全国リフォーム合同会議

カテゴリー

アーカイブ

最近の記事

contact-footer
ページ上部へ戻る