第14回全国リフォーム合同会議の内容をご紹介します

お世話になっております、藤宮工務店の藤宮達朗です。
本日は先日開催された第14回全国リフォーム合同会議の内容をご紹介させて頂きます。

2016年1月7日・8日に開催されたリフォーム業者同士の会議であり「リフォーム会社の偏見を払拭し、安心・安全・信頼できるリフォーム会社として消費者に認識される会社を全国に広げる」という理念の元で開催されています。

初参加3社を含めた合計12社60名が参加するかたちとなり、藤宮工務店は今回で2回目の参加となりました。
当日の会議の内容やディスカッションの内容などを共有させて頂きます。

第14回全国リフォーム合同会議の内容

今回のグループディスカッションテーマ

ディスカッションの様子です。

ディスカッションの様子です。

ディスカッション中のメモなど。

ディスカッション中のメモなど。

今回のテーマは「悪徳リフォーム会社とわれわれの違いはどこにあるか」というもので、各グループに分かれて様々な意見が交わされました。大きな社会問題となっている「悪徳リフォーム会社」ですが、経営者、社員、お客様含めて「絶対に許してはならない」という点で意識は共通しています。

しかし、いざ「どこが違うのか?」を考えると意外と難しいものです。そういう意味では我々も一歩間違えば悪徳リフォーム会社になってしまう可能性があり、改めて経営者、社員が意識して行動していく必要があると感じました。

坂本光司教授の特別講義

坂本教授の特別講義の様子。

坂本教授の特別講義の様子。

グループ発表の様子です。

グループ発表の様子です。

今回の全国リフォーム合同会議では、ベストセラーである「日本で一番大切にしたい会社シリーズ」の著者であり、法政大学大学院政策創造研究科の坂本光司教授による特別講義が行われました。

「元気のない企業の5つの言い訳」をテーマに講義をして頂きました。一社員としても坂本教授のお話は身が引き締まる内容で、5つの言い訳(景気、業種・業態、規模、ロケーション、大型店・大企業)が甘えに過ぎないことを痛感させられるものでした。

しかし、それ以上に「時代や環境に左右されずに企業は自身の意志や努力によって生き残っていくことができる」という力強いメッセージを頂き会社のために、お客様のために何ができるのかを改めて見直すいい機会を頂くことができました。

また、緊張感の漂う中で議論の内容を各グループごとで発表しました。
まるで大学生に戻ったような気分でしたがこのような機会はなかなか社会人になるとないので、貴重な体験でした。

おわりに

本日は参加をさせて頂いた第14回全国リフォーム合同会議の内容を簡単にご紹介させて頂きました。
当日の会場の熱気や緊張感は活字ではなかなか伝えることが難しいのが残念です。

藤宮工務店として今後も全国リフォーム合同会議に参加をさせて頂く予定ですので、参加後には今回と同じく内容に関して記事を書かせて頂きます。

合同会議に参加されたすべての方々、本当にありがとうございました。
同業者同士での意見のぶつけ合いはなかなか機会がなく、改めて自分たちを見直す非常にいい機会を頂きました。
また、第14回全国リフォーム合同会議で事務局をして下さったグッディーホーム様、改めてお礼申し上げます。

全国リフォーム合同会議の詳しい情報は公式サイトでも発信されています。
詳しく活動内容を知りたい方は公式サイトをご確認して頂ければと思います。

それでは、本日はこれで失礼いたします。

関連記事

お問い合わせフォーム
Facebook-banner
第9回藤宮工務店リフォームフェアチラシ
マイナビ転職に掲載中の求人情報はこちら
求人情報
全国リフォーム合同会議

カテゴリー

アーカイブ

最近の記事

contact-footer
ページ上部へ戻る